WordPressにTwitterのタイムラインを埋め込む方法と長いときの対処法

WordPressにTwitterのタイムラインを埋め込む方法WordPress
この記事は約3分で読めます。

ワードプレスにツイッターのタイムラインを埋め込むにはどうしたらいいんだろう?
埋め込めたはいいけど、タイムラインがダラダラと長く表示されてしまった!

このような疑問にお答えします。

 

この記事でわかること

  • Twitterのタイムラインを埋め込む方法
  • ダラダラと長いタイムラインの対処法

 

ネットで調べながらタイムラインを埋め込んだときに、ズラーッと長く表示されていて焦ったので、この記事では埋め込む方法と、長いときの対処法を載せておきます。

 

Twitterのタイムラインを埋め込む方法

WordPressにTwitterのタイムラインを埋め込むには、「Twitter Publish」というサービスを利用します。

 

Twitter Publishにアクセス▶「https://twitter.com/ツイッターID」を入力▶「」をクリック

WordPressにTwitterのタイムラインを埋め込む方法

 

ツイッターIDの確認方法は、PCでもスマホアプリでも「プロフィール」の名前の下に表示されているので、@以降を入力しましょう。

ツイッターIDの確認方法

 

②表示オプションで左のタイムラインを選択

WordPressにTwitterのタイムラインを埋め込む方法

 

③「Copy Code」をクリックしてコードをコピー

WordPressにTwitterのタイムラインを埋め込む方法

 

と、ここまで行くと、だいたい次の説明で「カスタマイズしたい場合はオプションから…」となるので、「カスタマイズは別にいいやー!」と思ってそのまま貼り付けると、ダラダラと長いタイムラインが埋め込まれてしまいます

ですので、カスタマイズに興味がなくても、長いタイムラインが嫌な場合はカスタマイズしましょう!

 

ダラダラと長いタイムラインの対処法

①さきほどの画面の続きで、「set customize options」をクリック

Twitterのタイムラインが長いときの対処法

 

②長さを縮めたい場合は「Height(px)」のところで数字を指定します

ご自身のツイート内容(文字数や改行の数など)によりますが、ブログのサイドバーに設置する場合、600pxで2ツイートくらいが表示される長さになると思います。

好きな高さに調節してみてください。

Twitterのタイムラインが長いときの対処法

 

Width(px)は幅、背景色は白か黒か、表示言語はAutomatic(自動)でOKです。

最後のチェック項目の「Opt-out of tailoring Twitter」は、自分が訪問したサイトの閲覧履歴などの情報をツイッターに送って、履歴の傾向からおすすめのユーザーを提案したり、広告を表示したりするかどうか、の設定です。

「Opt-out」は「参加しない」という意味なので、情報を送りたくなかったり、おすすめユーザーや広告の表示をさせたくない場合はチェックを入れましょう

チェックをしてもしなくても、埋め込んだタイムラインの表示は変わりません。

 

設定が終わったら「Update」をクリックします。

 

⑥「Copy Code」をクリックしてコードをコピーして、ブログの表示させたいところに貼り付けましょう

 

これで設定は完了です!

パソコンだけでなく、スマートフォンからも長さをチェックしてみると良いですね(^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました