バリューコマースの審査は厳しい?原因と基準を知って合格しよう!

バリューコマースの審査は厳しいASP
この記事は約6分で読めます。

「バリューコマース 審査」で調べると、「厳しい」とか「落ちた」って出てくるけど、どのくらいブログを作り込まなきゃいけないんだろう?

このような疑問にお答えします。

 

この記事でわかること

  • バリューコマースの審査が厳しいと言われる理由
  • 審査基準やブログの作り方
  • 審査に落ちてしまったときの対処法

 

バリューコマースの審査に一発合格した私が、当時のブログ情報を交えて解説いたします。

 

バリューコマースの審査は厳しいの?落ちる原因は?

バリューコマースの審査は厳しい

バリューコマースの審査基準は公開されていないので、厳しい、厳しくないの判断はできませんが、厳しいと言われる理由としては、ASPの審査等でよく基準とされている10記事でも落ちたアドセンスに合格したブログでも落ちた、という情報があるからだと考えられます。

また、ヤフーショッピングや食べログなど、バリューコマースにしかない案件がたくさんあることが、審査の基準に影響していることも考えられます。

 

しかし、審査に落ちてしまう原因はいずれにしても、コンテンツ不足規約違反によるものなので、審査の基準となり得る項目を確認し、適切にブログを構築していきましょう。

 

バリューコマースの審査基準

バリューコマースの審査基準

 

利用規約を守る

バリューコマースの「アフィリエイトサイト運営者利用規約」に記載されている、登録解除の対象となるブログにならないように気をつけましょう。

 

  • 虚偽情報で登録する
  • 公序良俗に反している(常識的に考えて良くないことをしている)
  • 違法な活動をしているもしくはその奨励をしている
  • ねずみ講、違法なマルチ商法などの違法な事業およびそれに類する活動を行っている
  • 他人の名誉の侵害、特定の個人や団体を誹謗中傷(バリューコマースの名誉を侵害ないし誹謗中傷する場合も含む)している
  • 著作権等の知的財産権、肖像権等の人格権その他法律上の権利もしくは保護に値する権利の侵害、または関連する法規に違反している
  • 薬事法・景品表示法などの法令に違反する表現を記載している
  • 内容が不明または乏しい、外観が異様
  • 第三者から受取る現金、電子マネー、ポイント、マイレージなどを原資として、自己の会員もしくはそれに準じるユーザーに対し、利益を付与している
  • 主要なコンテンツの表示にログインが必要(アフィリエイトサイト管理用や、ゲストパスワードなどの提供により、バリューコマースおよび広告主が随時無償にてアクセス可能な場合を除く)
  • 広告を掲載するためのスペースやウェブページを有していない
  • 主要なブラウザ、スマートフォン・タブレット型端末または携帯端末機種で適切に表示されない
  • 法令に違反またはそのおそれがあると判断した場合
  • 本プログラムにふさわしくないアフィリエイトサイトと判断された場合

参照バリューコマース「アフィリエイトサイト運営者利用規約

 

運営ポリシーを守る

バリューコマースの「アフィリエイト運営ポリシー」に記載されている項目を確認しましょう。

さきほどの利用規約とかぶる部分がありますが、その項目は特に注意しましょう。

 

  • 18歳未満は登録できない(親権者などの法定代理人の同意を得れば可)
  • 広告主の公式サイトと誤認させるサイトはNG(会社名や商品名の入ったドメイン、「公式」と記載する、など)
  • 児童ポルノ、児童買春、自殺サイト、薬物の使用を促す内容などはNG
  • 許可なく第三者の画像や動画を掲載するのはNG(書籍、マンガ、アニメ、TV番組、芸能人、企業のロゴなど)
  • 海賊版サイトや海賊版サイトへのリンクはNG
  • 誇大・虚偽の表現はNG(実際の値段より安く表現するなど。他の広告を掲載しているときに注意)

参照バリューコマース「アフィリエイト運営ポリシー

 

記事数

10記事以上、1000文字程度が基準

私が審査に合格したときも、12記事、1,000文字前後(最低934文字、最高1443文字)でした。

10記事以下でも合格もあるようですが、文字数が少ないと落ちる可能性が高いです。

あと重要なのは記事の内容で、普通の日記のようなものではなく、読んでくれる人の役に立つような内容にしましょう。(悩みの解消方法、経験談からの解決方法、ハウツーなど)

私は、赤ちゃんだった娘の成長に合わせて、経験談や悩みの解消方法などを記載していました。

 

アクセス数

アクセス数は少なくても合格している方が多いので、関係ないと思われます。

私のブログも、開設したて、12記事で100PVほどでした。

 

他の広告

アドセンスや他ASPの広告は貼ってあっても大丈夫です。

ただし、広告自体が利用規約や運営ポリシーに違反しないように注意しましょう

 

バリューコマースの審査期間

バリューコマースの審査期間

翌日~3営業日ほどで審査結果のメールが届くことが多いようです。私は翌日に来ました。

日数がたっても審査結果が送られてこない、回答が遅い場合は、審査に時間がかかっているものと思われます。

たくさん申し込みがあったり、記入内容の不備があったりすると、時間がかかるようです。

 

バリューコマースのサイト追加審査について

バリューコマースのサイト追加審査

バリューコマースは登録したサイトのみ、広告を掲載することができます

別のサイトに広告を掲載したい場合は、サイトの追加をする際に、最初に登録したときと同じように審査を受ける必要があります

 

審査に落ちてしまったらここを見直そう!

バリューコマースの審査に落ちたら

審査の可否がメールで送られてきますが、どうして落ちたのかの原因は開示されない決まりになっています。

しかし、さきほどもお伝えしたとおり、審査に落ちてしまう主な原因はコンテンツ不足と規約違反によるものが多いので、まずはこの2点をしっかり確認しましょう

10記事で落ちてしまったら、次は20記事くらいで再度申請したいところですね!

 

それでも原因がわからない場合は、Googleアドセンスや他ASPの審査時にもよく言われる、

  • プライバシーポリシーを記載する
  • お問い合わせフォームを設置する
  • サイトマップを設置する

を、やってみましょう。

 

まとめ

バリューコマースの審査が厳しいと言われる理由がわかりました!
記事数と文字数、規約とポリシーに気をつけて申請してみます!

バリューコマースは審査に落ちてしまっても再度申し込みができるので、改善して合格を目指しましょう!

コメント

  1. ゆう より:

    こんにちは。ランキングからきました。
    そうなんですね。
    がんばってみますね(^^♪

    • のすけ より:

      ゆうさん、こんにちは!
      ぜひ参考にしてみてください(^^)
      ゆうさんのブログにもお邪魔しますね♪

タイトルとURLをコピーしました