坂本健さんの「実践! タイムマネジメント研修」を主婦ブロガーが読んだら

実践!タイムマネジメント研修書評
この記事は約3分で読めます。

坂本健さん

早稲田大学政治経済学部卒業後、株式会社トーメン(総合商社)で営業・事業開発に携わったのち、プラウドフットジャパン株式会社(コンサルティング会社)に入社。

マネジメント改善、プロセス分析、コミュニケーションの指導、各種トレーニングの企画・設計・実施など業務改革業務に従事。

2001年ワトソンワイアット株式会社に入社し、人事制度改革、管理部門業務改革、マネジメントトレーニング等、研修業務に従事。

2009年に独立し、株式会社ポテンシャル・ディスカバリーを設立。

主な著書に、
『実践!ロジカルシンキング研修』
『実践!チームマネジメント研修 ①信頼関係と動機づけの基礎』
『実践!チームマネジメント研修 ②成果を生み出す組織の条件』
(すべて自社出版)
がある。

 

本の概要

さまざまな仕事におけるタイムマネジメントの方法を、登場人物が研修で学ぶというストーリー仕立てで書かれた本。

タイムマネジメントで大事なのは「言語化」すること。

この本に書かれている全てのテクニックが、この「言語化」につながっている。

 

ここをメモった!

講師の方が違う切り口で何回も解説してくれるので、引用したい部分がたくさんあるのですが…
私が一番実践したいと思ったクラスタリングについて、簡潔にまとめられている文章です。

 

私たちは無意識に2、30分の時間を軽視して無為に過ごしてしまう。そういう傾向があるんだ、ということを自覚して、その2、30分を自覚的に使うことが、生産性を飛躍的に高めるということにつながります。

坂本 健. 実践! タイムマネジメント研修: より少ない時間で、より高い成果を出すために 実践シリーズ (株式会社ポテンシャル・ディスカバリー・コンサルティング) (Kindle の位置No.1023-1027). Potential Discovery Consulting Company Limited. Kindle 版.

 

ちなみに、軽視されているその2、30分に作業すると、逆にまとまった時間でやるより効率が上がるそうですよ。

キリの悪いところで切り上げても、次にまた始めるときに、自分が思うほど思い出すロスなどはなくて、それよりクラスタリングの効果の方が高いんだそうです。

 

本の感想

普通だけど「読んでおいてよかった」という率直な感想。

私は会社に勤めているわけじゃないけど、家でやってる仕事とか、なんなら家事とか育児とかにも効果があるんじゃないかなって思う。

また、こうやって読んだ本のレビューを書くことも、思ったことや学んだことの「言語化」をしているということで、改めてアウトプットすることの重要性を再確認しました。

 

こんな人にオススメ!

自分の時間の使い方を見直したい人、効率的な時間の使い方を知りたい人にオススメ。

また、今やっていることの無駄を見つけることにも役立ちそう。

会社に勤めている人たちが参加している研修という内容なので、自分の職場と照らし合わせて考えることができる。

仕事以外にも、プライベートで時間管理したいときにも役立つ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました