もしもアフィリエイトの審査はあり?なし?Amazonとの提携基準もまとめたよ!

バリューコマースの審査基準ASP
この記事は約10分で読めます。

もしもアフィリエイトは審査なしで登録できるって聞いたけど、落ちたって話も聞くし、実際のところどうなんだろう?
Amazonの審査基準も知りたいな!

このような疑問にお答えします。

 

この記事でわかること

  • もしもアフィリエイトの審査の有無
  • もしもアフィリエイトの審査基準、期間
  • Amazonとの提携審査基準、期間

 

もしもアフィリエイトの審査ありなしについて徹底的に分析しました!
Amazon提携に一発合格した私が、審査基準を解説します。

 

もしもアフィリエイトの審査はある?ない?

もしもアフィリエイトの審査

「もしもアフィリエイト 審査」で検索すると、公式サイトには『サイトを持っていなくても会員登録をすることができる』と書いてあったり、『審査に落ちた』という記事があったりして、一体どちらなのかわからない方も多いのではないでしょうか?

本当にサイトがなくても登録できるのか、それともちゃんとサイトを作り込んでからじゃないと審査に落ちるのか、ここがあいまいだとどうしたらいいのかわからないですよね。

 

その疑問について調べたところ、答えがわかったのでご説明しますね。

 

会員登録はサイトなしでOK、サイト登録時に審査あり

もしもアフィリエイトは、会員登録だけであればサイト(ブログ)を持っていなくても登録することができます

しかし、会員登録をしただけでは広告リンクを取得することはできません。(広告を検索することはできます)

広告リンクを取得するためにはサイトを登録する必要があるので、会員登録後にサイト登録をするのですが、その際に審査が行われるということになります

 

ただ、サイト登録自体は審査待ちがなくすぐに完了し、即時提携のプロモーションもすぐに使える状態となるので、「審査なし」という情報が流れているんだと思います。

審査基準に違反しなかった方たちはそのまま使い続けることができるので、「審査なし」と思っている方が多いのでしょう。

また、その審査基準が記載されているページが、会員登録してからではないと閲覧できないページに記載されているので、情報がないということも考えられます。

さらに、もしもアフィリエイトで審査となると、Amazonとの提携に関しての記事が多いので、詳細があやふやになっているのかもしれません。

 

もしもアフィリエイトに会員登録する目的は、もしもアフィリエイトのプログラムをアフィリエイトしたいからだと思うので、結果的に「審査あり」ということになりますね。

 

もしもアフィリエイトの会員登録はこちら

 

では、もしもアフィリエイトのサイト登録時の審査基準を見ていきましょう。

 

もしもアフィリエイトの審査基準

もしもアフィリエイトの審査基準

以下に当てはまるサイト、ブログ、アプリは、登録しても後日削除されてしまいます。

 

サイトが存在しない、もしくは文章・画像等のコンテンツが存在しないサイト
  • 登録申請URLでアクセスできない
    ページがまっしろ、404エラー、ページが見つからない
  • サイトの枠組みしかなく、コンテンツが存在しない
    記事が書かれていない初期状態のブログ、正常にアクセスできないサイト
  • 5記事未満のサイト
正常にアクセスできないサイト
  • 登録申請URLでアクセスできない
    閲覧にパスワードが必要(SNS内のページなど)
    ブログの管理ページのURL限定したメンバーのみしか閲覧できないサイト(審査用にログインアカウントを問い合わせよりご連絡ください)
ご自身が作成、もしくは所有されていないことが明らか、あるいは不明なサイト
  • 運営者名が明らかに異なる有名な法人サイトで登録申請
    (rakuten.co.jp、www.amazon.co.jp など)
    moshimo.comで登録申請
消費者に誤解を与える可能性を含むサイト
  • 悪質な情報商材
    必ず稼げる関連の情報商材を販売、誘導(メルマガ登録含む)、掲載している
    効果が見えにくい自己啓発関連の情報商材を高額で販売、誘導(メルマガ登録含む)、掲載している
本人申込を含むアフィリエイトリンクへの誘導に問題のあるサイト
  • サービスの利用意思が低い、成果報酬獲得が目的の本人申込を助長する行為や表記
    自然にアフィリエイトリンクに誘導するのではなく、アフィリエイトリンクをクリックするよう促す行為や表記
グロテスクな見た目や不快な表現がある
  • 不快な表現
    見た目が汚いものや汚物をモチーフとしている
    一般的に見た人を不快にさせる可能性がある表記や写真等グロテスクな画像、恐怖を煽る、下品な表現、汚い言葉遣いなど
アダルト、ポルノのコンテンツを含むサイト
  • アダルト、ポルノコンテンツが掲載されている
    アダルトグッズの紹介、動画配信、画像サイト、小説などのアダルト、ポルノコンテンツ
    不純出会い系(結婚を前提としない出会い、およびチャットレディ・メールレディ)もNG
    バナーを一部掲載している場合もNG
  • 児童ポルノ
    18歳未満を対象物にし、性的興味を感じるものすべてNG
    (写真、画像、イラスト、マンガ、映像等)
犯罪への利用を臭わせる表現があるサイト
  • 犯罪への利用を臭わせる表記がある
    音楽や映像ファイルの違法ダウンロード
    薬物の違法な取引
    暴力
    動物虐待
危険を伴う可能性のある薬の用法・消費者の誤解を生む可能性のある物質成分を含むサプリメントなどの記載
  • 危険を伴う可能性のある用法の掲載
  • 現状、根拠があるとは限らない治療方法の記載
    病名をあげて「これを飲めば治る」「症状が改善する」など
  • 合法・非合法かかわらず消費者の誤解を生む可能性のあるサプリメント、またその効果効能の掲載
他、公序良俗に反するサイト
  • 財産的秩序に反する行為
    ネズミ講など、詐欺性が高いもの
    相手を騙して不当な利益を得る表示がある
  • 倫理的秩序に反する行為裏ビジネス
    例)卒業論文を10万円で代書する
  • 自由や人権を害する行為
    誹謗中傷がサイトコンテンツの多くを占める
    プライバシーを侵害するコンテンツがある
    差別表現がある
    ストーカ行為及び嫌がらせ行為をする表示がある
  • 一般的な道徳・倫理に反するコンテンツがある
各種法律に違反、もしくは違反となる可能性のある商品、サービスが掲載されているサイト
  • 違法となる可能性のある行為クレジットカード枠の現金化など
検索エンジンスパムサイト
  • 明らかな検索エンジンスパムサイト
    ワードサラダ(人間に読むことができない文章)で記事が書かれたサイト
    大量のテキストリンクのみが掲載されたサイトなど
パブリシティ権を侵害する
おそれがあるサイト
  • 許可を得ずに有名人の写真や名前を使って、意図的に集客し、利益を得ようとしていることが明らかなサイト
    有名人の写真(グラビア、隠し撮りなど)を無許可で掲載/転載し、その写真を鑑賞することに集客力を持っているサイト
    広告主から配布されているバナーや画像素材ではない有名人画像を利益に結びつける目的でサイトに掲載すること
悲劇的な事件や事故を顧客誘引力にしているサイト
  • 悲劇的な事件・事故、災害ニュースなどの詳細な情報を公開することで主に収益目的で集客しているサイト
    事件の犯人およびその家族や、被害者またはその遺族に関する、必要以上に詳細な情報・映像を公開することは、公序良俗に反すると判断します。 名誉棄損、肖像権の侵害、プライバシーの侵害などにあてはまる可能性もあります。ただし、報道機関は除く。
著作権を侵害するおそれがあるサイト
  • 他サイトから許可なく文章や画像を転載しているサイト
    サイト運営者独自のコンテンツがなく他サイトからの転載のみで構成されているまとめサイト
  • 引用要件を満たさず、許可なく歌詞を掲載しているサイト
翻案権・翻訳権を侵害するおそれがあるサイト
  • テレビドラマや映画、小説、マンガなどの内容を全文書き起こしているサイト
  • 引用要件を満たさず、海外サイトの内容や日本語以外の小説、歌詞を許可なく翻訳して掲載しているサイト
引用要件を満たしていないサイト
  • 引用要件を満たさず、サイト運営者の記事の内容を「補足するため」の引用であると判断できないサイト
他、ふさわしくないと判断したサイト
  • もしもアフィリエイトへの登録がふさわしくないと判断したサイト

引用もしもアフィリエイト「サイト登録審査ガイドライン

ガイドラインは変更される場合があります。
もしもアフィリエイト様より許可をいただき掲載させていただいているので転載不可です。
サイト登録審査ガイドライン」のページを閲覧するには、会員登録が必要です。

 

サイト登録する際は、これらの項目に当てはまらないようにサイトを作成しましょう。

記事数は5記事以上で審査の対象となります。

 

もしもアフィリエイトの審査期間は?

『もしもアフィリエイトは審査なし』という情報が多い、また、公式サイトに記載がないことから詳しい審査期間は断言できませんが、長くはかからないようです。

 

さきほども述べました通り、もしもアフィリエイトはサイト登録をすれば審査の結果を待つことなく広告を掲載できるようになるので、違反サイトが登録されると広告主に迷惑がかかってしまうので、審査はスピーディーに行っていると考えられます。

違反サイトと判断された場合は、もしもアフィリエイトの会員登録自体が解除となってしまうこともあるので、しっかりとガイドラインを守った上でサイト登録しましょう。

 

もしもアフィリエイトのAmazonとの提携審査基準は?

Amazonとの審査基準

もしもアフィリエイトが人気の理由のひとつとして、Amazonとのプロモーション提携がありますよね。

Amazonに提携申請する際のサイトの審査基準はこのようになっています。

 

  • 記事数は10記事以上
  • 記事は60日以内に更新されているもの
  • SNSの場合はフォロワーやいいねが500以上
  • オリジナリティーのある記事(転載や広告ばかりではない)
  • 芸能人の画像などの肖像権に注意
  • サイト内に『最安値』、『在庫あり』などの可変的な情報の記載をする場合は、その情報が変更される可能性を示す記載が必要
  • プライバシーポリシーに、『〇〇(サイト名)は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。』という文言を明記する
  • 作成されたばかりの未完成サイト、運営されていないサイトはNG
  • サイト名やドメイン名に『Amazon』や『Kindle』などの文字、またはスペルミスを含んだものはNG
  • 日本語ドメインサイトはNG
  • 過去に提携解除されたことのある人は別サイトでも提携NG
  • 未成年NG
  • その他はもしもアフィリエイトの審査基準と同様(記事数以外)

 

もしもアフィリエイト経由のAmazon提携も、本家のAmazonアソシエイトの審査基準をもとにしています。(上であげた基準に含まれています)

ただ、本家のAmazonアソシエイトには、広告をサイトに貼ってから180 日以内に 3 回以上、自分以外の誰かに商品の購入をしてもらってからではないと利用できないこともあり、もしもアフィリエイト経由のほうが提携しやすいと言われています。

 

もしもアフィリエイト会員登録後に見られるAmazonのプロモーション詳細にも提携基準が記載されているので、申請前にしっかりと目を通すようにしましょう。

 

もしもアフィリエイトのAmazonとの提携審査期間は?

もしもアフィリエイト経由でAmazonとの提携申請した場合の審査期間は、数日から数週間かかります。

審査に時間がかかるかもしれない上、提携否認となるとショックなので、しっかりサイトを作り込んでから申請しましょう!

 

もしもアフィリエイトの会員登録はこちら

 

まとめ

もしもアフィリエイトは、会員登録はサイトがなくてもできるけど、広告を貼るためのサイトを登録するときに審査が行われるんですね!

もしもアフィリエイトは審査なしと一部で言われていますが、審査基準も審査もあるので、しっかり守りましょう。
最悪の場合、もしもアフィリエイトの会員登録が解除されてしまい、Amazonとの提携どころではなくなってしまいます。

コメント

  1. pio より:

    はじめまして。もしもアフリエイト気になっていましたので、大変参考になりました。
    ありがとうございました。

    • のすけ より:

      pioさん、はじめまして!
      ご覧いただきありがとうございます(^^)
      参考になりましたら幸いです。

      pioさんのブログおしゃれですね(*^^*)!
      今度またお邪魔させていただきますm(_ _)m

  2. ゆう より:

    ランキングからきました。
    とても詳しくて分かりやすかったです。
    有難うございました。

    • のすけ より:

      ゆうさん、こんにちは!
      ありがとうございますm(_ _)m
      ゆうさんのブログも拝見させていただきました!
      ランキングボタン押しておきました(*^^*)
      お互いがんばりましょうね!

タイトルとURLをコピーしました