こどもちゃれんじすてっぷ思考力特化コース【口コミ・総合コースとの比較】

こどもちゃれんじすてっぷ思考力特化コースの口コミ幼児教育
この記事は約9分で読めます。

こどもちゃれんじすてっぷの思考力特化コースってどんな内容?難しい?
口コミや、総合コースとどっちがいいかが知りたい!

このような疑問にお答えします。

 

この記事でわかること

  • こどもちゃれんじすてっぷ思考力特化コースの内容
  • 総合コースとの比較
  • 思考力特化コースを受講している方の口コミ
  • それぞれのコースのメリット・デメリット
  • それぞれのコースのおすすめな人

 

じゃんぷから思考力特化コースに変更するか悩み、隅々まで調べ上げた筆者がまとめてみました!

 

こどもちゃれんじすてっぷ思考力特化コースの内容

こどもちゃれんじすてっぷ思考力特化コースの内容

https://kodomo.benesse.ne.jp/

こどもちゃれんじすてっぷから、「総合コース」と「思考力特化コース」の2つのコースが選べるようになりました。

思考力特化コースは、ワーク中心で考える力を伸ばすことに特化したコースです。

 

総合コースのキッズワークは、ひらがな・数・図形などの基礎を学べる内容になっていますが、思考力特化コースはキッズワークが2冊になりページ数も増えるので、基礎と応用を学べる内容となっています。

また、総合コースはエデュトイが年8回届きますが、思考力特化コースは1回のみ(最初の「ひらがななぞりんパッド」のみ)になり、その代わり「考える遊びセット」という主に紙でできた付録が年12回届きます(総合コースは年4回)。

 

思考力特化コースの年間ラインナップはこちら ※クリックすると拡大されます

こどもちゃれんじすてっぷ思考力特化コースの年間ラインナップ

https://kodomo.benesse.ne.jp/

 

総合コースの教材内容と比較

思考力特化コースと総合コースの教材内容の違いを表にまとめてみました。

 

思考力特化コース総合コース
キッズワーク毎月48~64ページ毎月32ページ
思考力ぐんぐんワーク毎月24~32ページなし
エデュトイひらがななぞりんパッドのみ
DVD・絵本なし(DVDの内容の一部はWebで見られる)毎月(DVDは2ヶ月分まとめたものが2ヶ月に1回届く)
考える遊びセット毎月
学べるテーマ論理・数量・図形・言語ひらがな・数・図形・自然・生き物・時計の読み・生活習慣・社会性
添削問題なし
価格どちらも月あたり2,480円(12ヶ月分一括払いの場合)
コース変更いつでも無料で可能

 

思考力特化コースのワークの量は、最大で96ページとなるので、総合コースの3倍のボリュームですね!

 

こどもちゃれんじすてっぷでは英語も少しだけ学べるようになっています。

総合コースではDVDに英語学習のコンテンツが収録されています。

思考力特化コースではDVDはつきませんが、「しまじろうクラブ」にログインすると、英語のコンテンツが見られます。

DVDの一部の内容もこちらから見ることができます。

 

どんなところが「総合コース」のキッズワークと違うの?

こどもちゃれんじすてっぷ「総合コース」のキッズワークと比較してみました。

 

仲間分け

「総合コース」の仲間分けは2つの条件で、ひつじの絵も一緒なので区別が付きやすいです。

 

「思考力特化コース」の仲間分けは3つの条件で、犬の絵の特徴も違っているので、よく見ないと正解できません。

こどもちゃれんじすてっぷ思考力特化コース

https://kodomo.benesse.ne.jp/

こんな いぬ だよ。
くろい いろを して います。
リボンの かざりを つけて います。
くびわを つけて います。

 

道順

「総合コース」の道順は、行き止まりがありますが、答えは1つだけです。

 

「思考力特化コース」の道順は、複数の道順をすべて見つけるようになっています。

https://kodomo.benesse.ne.jp/

 

規則性

「総合コース」の規則性は、★などのマークでわかりやすく、1つの規則性だけです。

 

「思考力特化コース」の規則性は、上下・左右と2つの規則性で考えなくてはなりません。

https://kodomo.benesse.ne.jp/

 

「総合コース」が基礎で「思考力特化コース」は応用という感じがよくわかりますね。

 

思考力特化コースは難しい?受講している方の口コミ

 

 

 

 

 

 

 

思考力特化コースの口コミは、内容が良い、お子さんが夢中になっている、という内容が多かったです。
問題によっては難しいと感じる部分もあるようですね。
また、小学校受験を考えている方は、思考力特化コースを選択するようです。

 

\思考力特化コースと総合コースのキッズワークたいけん教材がもらえる/

 

思考力特化コース/総合コースのメリット・デメリット

教材内容や口コミから、それぞれのコースのメリット・デメリットをまとめてみました。

 

思考力特化コースのメリット

  • ワーク好きなお子さんには十分なボリュームのページ数
  • ワークや考える遊びセットで思考力が重点的に身につけられる
  • 勉強重視だが、さまざまな工夫があり理解しやすい、諦めずに続けられる

 

思考力特化コースのデメリット

  • ワークの量が多いので、定期的に取り組んだり計画を立てないとやりきれない
  • 内容によっては難しくてできないものもある
  • 自然・生き物、生活習慣、社会性のテーマは学べない

 

総合コースのメリット

  • 年齢に合わせた知育玩具(エデュトイ)が年8回届くので、選んだり買いに行く手間がない
  • 4・5歳に必要なさまざまなテーマを学ぶことができる
  • エデュトイ・DVD・絵本で、遊びながら学ぶ、楽しみながら学ぶということができる

 

総合コースのデメリット

  • お子さんによってはワークの量や難易度が物足りなく感じる
  • 年8回届くエデュトイがかさばる(収納場所が必要)
  • 小学校受験などに向けた学力を身につけるといった面には向いていない

 

思考力特化コース/総合コースがおすすめなのはこんな人!

教材内容や口コミ、メリット・デメリットから、それぞれのコースのおすすめの人をまとめてみました。

 

思考力特化コースがおすすめな人

  • ワークが大好きでたくさんやりたいお子さん
  • さまざまなテーマを学ぶより、思考力を重点的に学ばせたい方
  • 遊び要素は少しで、学習のために通信教育をやらせたい方

 

総合コースがおすすめな人

  • 4・5歳で身につけたいさまざまなテーマを幅広く学びたい方
  • エデュトイやワークなどいろいろな方法で学びたい方
  • 勉強も大事だけど、自然や生き物・社会性など身の回りのことも学びたい方

 

まとめ

こどもちゃれんじすてっぷの思考力特化コースは、エデュトイが少なくてワークがたくさんあり、学習というイメージが強いコースですね!
おもちゃがそんなにいらなくて、小学校受験を考えている方にはぴったりのコースだということがわかりました!

コースの変更が途中からでもできるので、難しかったら変える、物足りまかったら変える、というやり方もできますね。
こどもちゃれんじの無料資料請求では、両コースのワークのたいけん教材がもらえるので、ぜひ資料請求してみてくださいね!

 

\DVDのたいけん教材などももらえる/

コメント

タイトルとURLをコピーしました