チャイルドコーチングマイスターとは?難易度やアドバイザーとの違いもまとめたよ!

チャイルドコーチングマイスターとはチャイルドコーチング
この記事は約10分で読めます。

チャイルドコーチングマイスターってどんな資格?試験は難しい?
チャイルドコーチングアドバイザーとの違いは?

このような疑問にお答えします。

 

この記事でわかること

  • チャイルドコーチングマイスターとは
  • 取得するメリットや方法
  • 短期間で一発合格するコツ
  • チャイルドコーチングマイスターとチャイルドコーチングアドバイザーの違い
  • どちらがおすすめか

 

チャイルドコーチングマイスターの資格を持つ筆者が、講座の内容や価格、取得までの期間や合格のコツまで、すべてにお答えいたします。

 

チャイルドコーチングマイスターとは?

チャイルドコーチングマイスターとは

 

チャイルドコーチングマイスターとは、

世界的に注目を集めているコーチングの技術を使い、子供との信頼関係を築き、将来子供自身が自己を律するスキルまで培っていける、それがチャイルドコーチングマイスターです。

https://formie.net/

 

コーチングとは、「傾聴・承認・質問」のスキルを使いながらコミュニケーションをとり、信頼関係を築くことでコーチングを受ける人の能力や可能性を最大限に引き出し、自分で問題解決や目標達成する力を育てる技術です。

傾聴は、途中で口を挟んだりせず、最後まで話を聴くこと。承認は、コーチングを受ける人の存在を認めてあげること。質問は、コーチングを受ける人が自ら目標達成や問題解決にたどり着くために、質問という形で導くことです。

 

その技術を子どもに対して行うのがチャイルドコーチングであり、その資格の名前がチャイルドコーチングマイスターとなります。

 

チャイルドコーチングマイスターの資格を取得するメリット

チャイルドコーチングマイスターについて学び、資格を取得することのメリットをまとめてみました。

 

子どもが小さいときから、大きくなってもずっと使えるスキル

チャイルドコーチングは、言葉がわかるようになる小さい子どもから、成人して自立した子どもにも使えるスキルです。

コーチングの技術を子ども向けに応用したものなので、基本的なことは普通のコーチングと変わらず、幅広い年齢の子どもに対応できます。

コーチングする側(親)が自分のケアのために自らコーチングする、「セルフコーチング」も学べるので、大人に対しても使うことができるスキルです。

 

個々の子どもの個性や状況に応じて対応できる

平均的なこと、理想的なことが書いてある育児本や子育て論などとは違い、スキルを学んだ上で子ども一人ひとりと向き合ってコーチングしていくので、個々の個性や状況に応じて対応することができます。

 

将来的に自分で目標達成や問題解決ができるようになる

子どものときからコーチングをすることにより、今ある目標達成や問題解決ができるだけではなく、将来、コーチングを受けなくても自分ひとりで目標設定や達成ができたり、問題を把握し解決したりする力が身についていきます。

 

自分の子にも、幼稚園や保育園、学校でも役立つ

チャイルドコーチングマイスターについて学習することで、自分の子どもにはもちろん、幼稚園や保育園、学校での子どもとのやり取りにもスキルを活かすことができます。

教育機関では、資格として保持していることで信頼感を得ることができます。

自分の子どもに対しても、資格を持っていることでプロとしての意識が生まれるので、今まで子どもに対して良くしてあげられなかった部分、親として直せなかった部分などを変えようという前向きな気持になります。

 

チャイルドコーチングマイスターはどうやって取得する?

チャイルドコーチングマイスターは、通信講座の「formie(フォーミー)」で講座を受講し、検定に合格すると取得できる資格です。

 

価格

教材・認定証・検定・サポート費用込で、税込35,300円で受講できます。
(検定に不合格の場合、再検定の費用として1,500円かかります)

 

検定について

学習から検定まで、すべてWebで完結します。

自分の時間に合わせて学習ができるほか、検定も自分のタイミングで好きな時間に受けられるので、忙しい方でも、まとまった時間が取れない方でも安心して受講できます。

 

サポート内容

  • 受講開始より180日間のメールサポート
  • 個別講座の受講申し込み後7日以内であれば全額返金(資格取り放題プランを除く)
  • 合格者限定で、自宅教室・イベント開催・メディア露出などに役立つノウハウをまとめた特典教材のプレゼント
  • ホームページテンプレートやオリジナル名刺の作り方を紹介

 

期間と難易度

取得までの目安は約1ヶ月で、検定合格後は2~3週間で認定証が自宅に届きます。

検定の難易度は難しくなく、私は3週間勉強して1回で合格できました。

 

チャイルドコーチングマイスターの資格に短期間で一発合格するコツ

短期間で一発合格するためのコツは、

  1. 練習問題を先にやって、どのような問題が出るか、どの部分がポイントか把握する
  2. 教材を読んで、ポイントとなる部分をノートに書き写したりして重点的に学習する

という方法がベストです。

 

練習問題は何度挑戦しても大丈夫で、検定の問題は練習問題と同じものが出題されるので、練習問題の内容と重要ポイントを把握してから教材を読み学習することにより、効率的に合格することができます。

 

ただ、この方法はあくまで資格を短期間で一発合格するための方法なので、チャイルドコーチングのスキルが完璧に身につくわけではありません。

自分のお子さんや仕事に活かすためには、しっかりと学習と実践を繰り返していきましょう!

 

チャイルドコーチングマイスターは独学で学べる?

チャイルドコーチングについては市販の本などで独学ができますが、チャイルドコーチングマイスターの資格を取るための勉強については、独学ではできません。

formie(フォーミー)でチャイルドコーチングマイスターの講座を受講しないと、資格試験を受けられないからです。

 

formie(フォーミー)のチャイルドコーチングマイスター講座は分割での受講も可能で、期待していた内容と違っていた場合でも受講申し込み後7日以内であれば全額返金できます。

資格取得を目指している方は、一度受講してみることをおすすめします。

 

\分割なら月々1,467円で学べる/

 

チャイルドコーチングマイスターの資格は履歴書に書ける?

チャイルドコーチングマイスターの資格は、一般社団法人 日本能力教育促進協会(JAFA)が認定している資格なので、履歴書に記入することが可能です。

JAFAによると、「一般社団法人 日本能力教育促進協会認定 〇〇○資格 合格」と記載することを推奨しています。

 

チャイルドコーチングアドバイザーとの違いは?

チャイルドコーチングアドバイザーとの違い

 

チャイルドコーチングの資格には、チャイルドコーチングマイスターの他に、「チャイルドコーチングアドバイザー」があります。

どちらも似ている名前だけど、どこが違うんだろう?と疑問に思った方も多いのではないでしょうか。

まずはチャイルドコーチングアドバイザーについて解説し、チャイルドコーチングマイスターとの違い、どちらを取得すべきかをわかりやすくご説明いたします。

 

チャイルドコーチングアドバイザーとは

チャイルドコーチングアドバイザーとは、

子どもの成長をサポートする力と、可能性を最大限に引き出すコーチングスキルを持ったスペシャリスト。子供の成長を支え、家族を笑顔にすることができる貴重な存在です。

https://www.c-c-j.com/

 

こちらもコーチングなので、学べるスキルは一緒です。

では2つの資格の違いを見ていきましょう。

 

チャイルドコーチングマイスターとチャイルドコーチングアドバイザーの違い

チャイルドコーチングアドバイザーは、通信講座の「資格のキャリカレ」で取得できる資格で、一般財団法 人日本能力開発推進協会(JADP)が認定している資格です。

認定している協会は違いますが、どちらも一般財団法人が認定している資格なので差はありません。

大きな差は、「formie(フォーミー)」で学んで資格を取得するか、「資格のキャリカレ」で学んで資格を取得するかになります。

 

以下に、「formie(フォーミー)」のチャイルドコーチングマイスターと、「資格のキャリカレ」のチャイルドコーチングアドバイザーの違いをまとめました。

 

チャイルドコーチングマイスターチャイルドコーチングアドバイザー
取得できる
通信講座
formie(フォーミー)資格のキャリカレ
価格35,300円(教材・認定証・受験・サポート費用・税込)39,600円(教材・認定証・サポート費用)+5,600円(受験料)=45,200円(税込)
サポート内容
  • 受講開始より180日間のメールサポート
  • 個別講座の受講申し込み後7日以内であれば全額返金(資格取り放題プランを除く)
  • 合格者限定で、自宅教室・イベント開催・メディア露出などに役立つノウハウをまとめた特典教材のプレゼント
  • ホームページテンプレートやオリジナル名刺の作り方を紹介
  • 受講開始より最長700日間の質問サポート
  • 受講開始より最長700日間の添削指導
  • 学習状況に合わせた定期的な応援メール
  • 専属のキャリアコーディネーターが資格に合った仕事を提案してくれる就職・転職のサポート
  • ホームページ作りに必要なテンプレートや開業に関する情報などのプレゼント
勉強~受験
までの流れ
Web教材でカリキュラムを学習

オンラインで受験
紙のテキストで「基本編」のカリキュラムを学習

用紙またはWebで第1回添削問題提出

紙のテキストで「応用編」のカリキュラムを学習

用紙またはWebで第2回添削問題提出

紙のテキストで「実践編」のカリキュラムを学習

用紙またはWebで第3回添削問題提出

受験申し込みと受験料の振り込み

紙の答案用紙に解答し郵送
試験の
難易度
簡単簡単
取得までの
期間
約1ヶ月約3ヶ月(カリキュラム終了)+約1ヶ月(受験申し込み、答案用紙郵送、合否判断)

 

チャイルドコーチングマイスターとチャイルドコーチングアドバイザーどっちがおすすめ?

チャイルドコーチングマイスターは費用も安く、取得まで早いことが特徴です。

まずは自分の子どもに対してコーチングを実践したい人、短期間で資格を取得したい人におすすめです。

 

チャイルドコーチングアドバイザーは、専属のキャリアコーディネーターによる就職・転職のサポートがあること、テキストが充実していて添削指導があることが特徴です。

資格を取って仕事で実践したり、教室やセミナーを開いて人に教えたりしたい人におすすめです。

資格のキャリカレのチャイルドコーチングアドバイザーは無料で資料請求ができるので、詳細を確認してから選ぶのもいいかもしれません。

 

 

まとめ

チャイルドコーチングマイスターは、子どもの能力や可能性を最大限に引き出して、自分で問題解決や目標達成する力を育てるための資格なんですね!
チャイルドコーチングアドバイザーとの違いは、費用や期間が大きな違いだということがわかりました!

子育てで悩んでいる方、自律した子どもになってほしいと願っている方、仕事で役立てたい方におすすめの資格です。
チャイルドコーチングマイスターか、チャイルドコーチングアドバイザーかは、ご自身の資格を取る目的に合った講座を選びましょう。

 

\初回2週間980円の取り放題プランも/

コメント

タイトルとURLをコピーしました